質のいい睡眠には東向きの寝室が理想

2022/12/21(水) ちょこっと雑学

皆様は、質のいい睡眠をとれていますか(・・?

 

こんにちは!快眠オタクの髙山です(*^-^*)

 

ほんの数か月前まで高校生だった私は、アルバイトの時間帯の関係もあり、

寝る時間が3時~4時だったり、起きるのがお昼過ぎ…という生活をおくるのが当たり前になっていました(´;ω;`)

そんな私も!立派な社会人になるために、太陽の光がまぶしいからといって付けていた、遮光カーテンのある部屋を出て、

太陽の光が一番初めに当たる部屋へ!すると、お昼まで起きられなかった私でも自然と8時までには

目が覚めるように!☼ お仕事がはじまってからは、より質のいい睡眠をとりたい!と、

ラベンダー❁の香りがするホットアイマスクを付けてみたり、ストレッチをしてみたり、

日々研究中です…✎

 

今回のちょこっと雑学は、

質のいい睡眠には東向きの寝室が理想...です!

 

厚生労働省の発表「健康づくりのための睡眠指針2014」では、人間は起床後に太陽の光を浴びて体内時計をリセットすると指摘しています。

さらに!リセットの15~16時間後に眠気が現れるため、「起床後なるべく早く太陽の光を浴びることが望ましい」という研究結果も…。

ということは、

寝室は東向きが理想的といえそうです!東向きが難しい場合は、調光機能付きの照明でも代用が可能!

人生の3分の1を過ごすことになる寝室、

快眠環境にはこだわりたいものです(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)

1ページ (全4ページ中)